AGAについて調べてみました!

AGA(エージーエー)は、男性型脱毛症を意味し、「Androgenetic Alopecia」を意味します。
大人の男性によく見られる髪が薄くなるという症状です。思春期の後、額の頭と頭の頭は片側または両側から薄くなる。一般に、遺伝や男性ホルモンの影響が主な原因であると考えられ、脱毛が進行し、毛が細くなります。

 

AGAの原因は何でしょう?

AGAの原因は主に男性ホルモンである。髪は成長期、退縮期、休息期という毛周期を繰り返して変化するが、DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンの作用によりこの毛周期が乱され、AGAと呼ばれる髪の毛の薄くなる症状が発症します。
DHT(ジヒドロテストステロン)は、テストステロンという男性ホルモンを還元酵素(5αレダクターゼ)に変換することによって産生され、これがAGAの直接の原因になります。その他、AGAの原因として食生活、ストレス、運動不足が関与しているとも言われています。

 

ジヒドロテストステロンの生成防止するために

ジヒドロテストステロンを抑制するために、テストステロン自体を抑制するという方法もあります。しかし、テストステロンは身体の健康を維持するために不可欠なものです。それが不十分であれば、男性の更年期やEDを引き起こす可能性があります。
したがって、5α還元酵素阻害薬を推奨します。 5α還元酵素阻害薬であれば、テストステロンをジヒドロテストステロンに変換する5α還元酵素のみを阻害し、ジヒドロテストステロンの産生を抑制します。したがって、テストステロンを不足させることなく、AGAを予防・改善することが可能です。
5α還元酵素阻害薬としては、有効成分としてデュタステリドを含有する「ザグロ」やフィナステリドを有効成分として含有する「プロペシア」が挙げられます。
これらの薬は、AGA治療を専門とする皮膚科医や診療所で処方することができるので、興味のある人は、AGA専門のクリニックなどの医療機関を訪問するといいでしょう。
また、プロペシアなどは個人輸入を通して入手する可能です。(参考:プロペシアを安全にお得に通販するには!?
ただ、はじめて利用する方は、まずはAGA専門クリニックで診てもらってから利用するようにしたほうが安心かもしれませんね。

 

AGA対策と予防法

それでは、AGAのための最良の対策や予防法について考えてみましょう。コストをかけずに簡単に行うことができるAGA予防法としては、生活習慣の改善です。しかし、それは容易に行うことができますが、予想される効果は高くない。迅速かつ確実に対策を実施する場合は、根本的な要因であるDHTを直接抑制する方法としてプロペシアなどの治療薬を使用することをお勧めします。とくに症状が進行している場合は、AGA専門クリニックに行くのがもっとも効果的な方法です。

 

AGA治療は、病院の選択がもっとも重要です!

AGAがあなたにとって必ず治療したいものならば、AGA専門のクリニックに行くことをお勧めします。AGA治療に特化したクリニックでは無料カウンセリングなども実施しているのでまずは専門の先生に診てもらって自分にあった最善の方法を見つけるのが一番の近道です。